フラワーギフト送料無料/誕生日/記念日/母の日プリザーブドフラワー

フラワーギフトを贈るポイント

贈答用のお花として扱われるフラワーギフトについて少し見ていきたいと思います。そもそもフラワーギフトって皆さんは贈ったりした事があるでしょうか?もしくは受け取ったりした事はあるでしょうか?

まずフラワーギフトという言葉を聞いて、頭に思い浮かべるのはやはり花束ではないかと思います。

少し前であればセロファンに包まれたような花が多く束ねられた花束といった印象がありましたが、今では小ぶりな花束から可愛らしい花束、さらにはミニブーケといったようなタイプまで種類が豊富にあったりします。

フラワーギフトを贈る際に、花束を贈る相手の年齢、性別、どういったイメージの人であるか、さらにはどういったきっかけで花を贈るのかといった事を説明すれば、それにあわせた花束を作ってくれます。

また、最近人気が上がってきているフラワーギフトとして、プリザーブドフラワーを使ったフラワーギフトがあります。

プリザーブドフラワーは、生花に薬品をつける事によって10年という長期間持つようにされたもので、よく比較されるドライフラワーのように色あせたりしないことから、フラワーギフトとして人気が上がってきています。

フラワーギフトとして贈るのですから、できれば受け取った側の人にも長い間それを楽しんでもらいたいですよね。

また、最近は観葉植物をフラワーギフトとして贈る人も増えてきているようです。

生花の場合は毎日毎日、その花の手入れや水遣りなどをしなければいけないですが、観葉植物の場合は、手入れも楽に行えるというメリットと、生花と違って非常に長い間楽しむ事も可能です。

また、観葉植物であれば部屋に置くことでその場の雰囲気をがらりと変える事のできる要素も兼ね備えています。また、観葉植物であれば通販などで直接贈ったりもできて便利ですし、楽天などの中にはギフトで送料無料といったキャンペーンも行っている店もあってお得だったりもします。

フラワーギフトと言葉で表しても、実際にはそれぞれに合わせたたくさんの種類のフラワーギフトがあります。

贈る側として心がけたい事は、ギフトを贈る相手の好みや生活環境などもしっかりと考えて、ギフトを贈るようにしましょう。

誕生日フラワーギフトの花の種類や金額の相場

フラワーギフトを贈るとなった時に、やはり最も多いとされるシチュエーションは誕生日ではないでしょうか。

誕生日は言ってみれば、自分が生まれた日と言うことで、一年で一番大切な日とも言えます。

そういう特別な日にこそ、フラワーギフトは贈るべきで、その大切な日を華やかに演出する事ができます。

とはいえ、実際にフラワーギフトを贈ろうと思っても、どういった種類の花を贈ればいいのかといった事や、だいたいいくらくらいの花を贈ればいいのかと悩む方も多いと思います。

フラワーギフトは、一般的には贈る相手別に、種類や相場がありますので、以下に例を挙げておきたいと思います。

■彼女や妻・嫁へのフラワーギフトの場合

女性の多くは、そもそも花を贈られると非常に喜んでくれます。
特に、こういった特定の相手であれば、バラの花束などを贈ると、見た目も豪華ですしおすすめです。

フラワーアレンジメントとして贈るなら、デコレーションケーキの形をしたアレンジをする事で、誕生日にもぴったりなフラワーギフトに仕上がります。
また、これからの二人の仲は不変である。という事を連想させるようなプリザーブドフラワーも花自体が長持ちするからおすすめと言えます。

値段の相場としては、だいたい5,000〜10,000くらいが多いと言えます。

■両親へのフラワーギフト

親として、子どもから自分の誕生日を祝ってもらうというのは、例えどんなに年を取っていたとしても嬉しいものです。
男親へのフラワーギフトであれば、手入れに手間がかからない観葉植物やプリザーブドフラワーを使ったフラワーギフトがおすすめです。

逆に女親へのフラワーギフトの場合には、多少手入れが必要でも見た目も華やかな花束やフラワーアレンジメントなどの方が喜ばれます。
値段の相場としては、だいたい2,000〜3,000円ほどです。

また、普段からお世話になっている両親に贈る際には感謝の気持ちを表したメッセージカードも添えて贈るとなお喜ばれておすすめです。

■友人へのフラワーギフト

日頃から仲良くしている友人の誕生日をフラワーギフトでお祝いとなると、他の方はあまり考えないのでちょっとしたオシャレ感を出すことができます。

友人に贈る際には、花束よりもどちらかというとフラワーアレンジメントの方が大げさな感じがしなくておすすめです。
値段の相場としては、だいたい2,000円〜3,000円ほどになります。

かかるお金は出来る限り抑えたいという人が多いかと思いますので、そういった場合は通販などを使ったり、その中から送料無料のフラワーギフトを探すのも1つの手ですよ。

母の日や記念日でのフラワーギフト

フラワーギフトは、誕生日だけでなく、結婚式を挙げた日、長寿といったような特別な日や母の日などの記念日にもフラワーギフトは喜ばれます。

フラワーギフトを記念日に贈る場合の日付としては、だいたい以下のような感じになります。

■結婚記念日として贈る場合

・25周年の銀婚式
・30周年の真珠婚式
・35周年の珊瑚婚式
・40周年のルビー婚式
・45周年のサファイヤ婚式
・50周年の金婚式

贈るフラワーギフトとしては、それぞれに合わせた宝石の色に合わせたカラーのフラワーギフトを贈ると、とても喜ばれますしおしゃれに仕上がります。

例えば、銀婚式であれば白やピンクといったカラーの花に、銀系の葉っぱを加えたものがピッタリですし、真珠婚式に贈る場合にはホワイトをベースとした上に緑をあしらったものがおすすめです。

こういった感じに、それぞれに合わせてフラワーギフトを贈りましょう。

■長寿の記念日

・60歳の還暦
・70歳の古稀
・77歳の喜寿
・80歳の傘寿
・88歳の米寿
・90歳の卒寿
・99歳の白寿

結婚記念日と違って、色がないなと思った人もいるかもしれませんが、実はこれらそれぞれの記念日にもお祝いの色というのがあるのです。

還暦の場合は赤で、古稀と喜寿であれば紫を。そして傘寿と米寿と卒寿の場合は黄色になり、白寿の時はもちろん白となります。

ただ、還暦祝い、傘寿、米寿、卒寿祝いといった場合のフラワーギフトに関しては、お祝い色で用意して問題ないのですが、他の白や紫といったものはあまり縁起のいいカラーではないとも言えますので、できるだけ避けるようにしたほうが無難とも言えます。

また、当然ですが仏花として使われる花でもある菊や、上ではなく下向きに咲くスズランといった花は、長寿祝いとしてのフラワーギフトには避けるようにしましょう。

長寿祝いのフラワーギフトであれば、これからもずっと元気で!という意味を込めて明るい色合いのフラワーギフトを贈るようにしましょう。

フラワーギフトは贈った相手にも非常に喜ばれますし、贈った自分もその笑顔を見て嬉しい気持ちになるものです。

普段なかなか表せない気持ちや感謝を、フラワーギフトを使って相手にそっと伝えてみてはいかがでしょうか。

Next Entry : 新築マンション購入や賃貸の値引き/東京/大阪/横浜/名古屋/口コミ
Previous Entry : 北海道レンタカー激安格安情報や北海道レンタカーの乗り捨て&ツアー