原付廃車の手続き方法と料金/費用や譲渡による名義変更&自賠責保険

原付の廃車の手続きと方法

何かと便利な原付こと原動機付自転車ですが、買うときはいいものの、いざいらなくなって処分しようと思って廃車するときに、どうしていいのかわからなかったりします。

>> 原付に関する情報を楽天でチェック!

実際に、私のまわりでも、原付の廃車手続きで戸惑ったり、わからない。という人は多くいました。

実は、原付の廃車の手続きというのは、必要書類さえ揃っていれば、とりわけ難しいことは無く、むしろどちらかというと簡単であると言えます。

原付の廃車の手続きをするその前に、まずは、原付を廃車にするために必要となってくる基本知識について見ておきましょう。

原付の廃車手続きに必要となってくる書類を記入していく際に、必ずといっていいほど自分では判断がつかなかったり、わからないなと思うところが出てくると思います。

そういった際には、窓口にいる方に、書類の書き方などを聞きましょう。恥ずかしいとか、聞くのは…と思って自分で勝手に書いて後で書き直すハメになるよりずっとそちらの方が恥ずかしくないですし時間も有効に使えますよ。

原付の廃車手続きに最低限必要となってくるものは、ナンバープレート、標識交付証明書、印鑑、原付廃車届です。これらを持って、区役所税務課や地区サービス事務所へ手続きをしに行きましょう。

>> 原付に関する情報を楽天でチェック!

原付の廃車にかかってくる費用と料金

何かをする際に費用がかかるように、原付の廃車においても、当然ですが費用がかかってきます。いくらかかるんだろう?と言われてもご存知の方は少ないでしょうし、実際にはこの費用においては、状況によって変わってきますので、いくらかかります。という事は断言できないのです。

ただ、だいたいの費用を計算してみると、原付の廃車にかかってくる費用の内容としては、解体費用や抹消登録費用などがあります。

まず、この抹消登録費用としては、手数料が350円必要になります。
また、行政書士などに頼むような場合には、2000円〜10000円ほどかかってしまいます。

>> 原付に関する情報を楽天でチェック!

原付廃車に伴う譲渡と自賠責保険や名義変更

原付に乗る際には必ず保険に入らなければいけない決まりになっていますが、では原付を廃車にして、知人に譲ったりする場合の、自賠責保険については、どうなるか見ていきましょう。

そもそも、自賠責というものは、所有者にではなくて、その車台番号の原付にかかっているものになります。そのため、名義の変更をしなかったとしても、保障はそのままなのです。

原付を廃車する場合には、その原付に付いているナンバーを返却しなければなりませんが、その際には、自賠責保険に入っていると、シールが貼っているかと思いますが、これを綺麗に剥がして、原付を譲るようにしましょう。

また、自賠責保険には、権利譲渡という手続きもあるのです。
こちらは、名義変更後の登録証、廃車証明書、自賠責保険証などが揃っていれば、手続きを行う事が可能になります。

>> 原付に関する情報を楽天でチェック!

原付にかかってくる税金と廃車の注意点

原付を廃車した場合、税金は納税通知書で連絡がくることになっています。

注意しなければならいのは、この税金というものは、4月1日の時点で登録名義人になっている所有者に課税される仕組みになっています。

そのため、原付を廃車・譲渡しても車両の所有者を変更していなかった場合には、廃車、名義人変更の手続きを行わないままであれば、原付を廃車、知人に譲ったにも関わらず、毎年課税がかかってきますので、くれぐれも注意しなければなりません。

原付を廃車するためには、色々と必要になってくるものがありますが、特に税金や書類などに関してはしっかりと確認をするようにしましょう!

>> 原付に関する情報を楽天でチェック!

Next Entry : 北海道レンタカー激安格安情報や北海道レンタカーの乗り捨て&ツアー
Previous Entry : 風水インテリア配置や色恋愛からトイレ/玄関/リビング直居風水まで