新築マンション購入や賃貸の値引き/東京/大阪/横浜/名古屋/口コミ

新築マンション購入や賃貸での値引きについて

やはり消費者として、何かを買うときに安いというのは助かりますよね。特に高額なもの、新築のマンションといったものなどを買う時は安く買うために値引きをしたり安く買いたいと思うのが一般的ではないでしょうか。

しかしながら、実際には新築マンションでの値引きについては、一般的にはあまり期待をしない方が良いと思われます。

一般的にはよほどの時代背景(不況や売れ残りなど)がない限りは、新築マンションというのは値引きをせずに販売するというのが現状となっています。

ですから、値引きについては、あまり期待をしすぎないようにしておくのが無難とも言えるかもしれません。

とはいえども、必ず値引きが不可能かというと、もちろんそうではありません。
交渉の仕方であったり、物件によっては、新築マンションであっても、きっちりを値引きをすることが可能なところもあります。

では、値引きができるところと出来ないところを見分けるにはどうしたらいいのか。というのが多くの方が思う事ではないでしょうか。

見分けるためのポイントとしては、まずはその新築マンションの物件が、いつ頃から販売を開始していて、現在、住んでいなくて空いている戸数はどれくらいあるのか。といったところが、新築マンションの値引きにおいては重要となってきます。

例を挙げてみると、販売を開始してから既に半年も経っているにも関わらず、満室になっていないような新築マンションであれば、値引きに応じてくれる可能性も高いと言えます。

逆の立場で考えてみればわかる通り、物件、すなわち部屋が長い間空いているという状況は、不動産会社からしても歓迎すべき事態ではありませんから、多少金額を落としたとしても、完売へと持って行きたくなるものなのです。

住宅は買う側からしてみれば大きな買い物で一生で一番高い買い物ですが、逆に不動産会社からしてみれば、数ある商品の中の1つにしか過ぎませんから、実際にはなんとかして売り切りたいというのが心情でもあります。

そこを上手に交渉してつついていくのが、新築マンションの購入するにあたっての値引きをする秘訣と言えるでしょう。

新築マンションの口コミ

新築マンションを値引きするに当たり、先ほどの例のような日数がある程度経っているけれども、物件がまだ残っているといったところは、目玉物件のような人気の部屋はすぐに売れてしまっているものの、あまり人気が高くない部屋が残っている。

そういったケースが一般的には多いです。

そういったどちらかと言えば人気が無いと思われる物件は、当然ながら新築マンションでも値引きされる可能性は非常に高くなり、交渉次第ではかなんり安くする事が可能になる可能性も十分にあり得ます。

ですから、必ず販売を開始してから経っている日数と、今空いている部屋数、そして空いている部屋がどういった部屋なのか。といったところをチェックするのが新築マンションでの値引き交渉のコツになってきます。

逆に言えば、そういった物件を探し出してきて、そこの担当者と値引き前提で値引きについての交渉をして話をしてみるのも1つの手かもしれません。

とはいえ、新築マンションですから、すぐに値引きに応じてくれるわけではありません。言ったから、安くしますよ。と応えてくれることはまずありません。

場合によれば、最初にこれ以上値段を下げる事はできない。といった話で釘を刺してくる可能性もあります。
そのため、そういった言葉をまず最初に相手から言わせないようにしましょう。

予算がいくらで、この値段くらいなら…といったような具体的な数字を自分達側から示すように心がけてください。こうする事が、新築マンションを買う際の値引きのポイントとも言えます。

新築マンションの物件

自分達からではなく、相手側から値引きされた後の金額を言われてしまうと、値引きができたとしても、非常に少額の値引きになってしまう可能性が高くなります。

そうなってしまうと、こちらが後手に回ってしまう事になりますから、安く買うんだ。という気持ちを強く持って、やや強気な感じで交渉をしてみてください。

値引きの金額は必ずこちらから提示するようにして、その際にポイントとなってくるのが、いくらであれば買いたい。といった金額の話もそうですが、もう1つ重要なポイントがあります。

それは、住宅ローンの審査が既に済んでいるという事を伝える事になります。
そうすれば、後は契約をすれば完了という事になりますから、不動産会社としても、話をまとめやすくなると考え、値引きの予定していた額よりも、多少金額が外れていたとしても、応じてくれるケースが多々あります。

実際、そういった値引きの交渉術や体験談などを持っている方も多くいらっしゃいます。
ネットなどを使ってブログや掲示板から口コミや体験談などを調べて探してみて、そういった情報を参考にしてみてください。

最初に解説した物件の見分け方を予め調べておく事と、住宅ローンの審査とが、新築マンションを値引きして購入する際には必要となってくる要素になります。

各地区の新築マンション

マンションは、最近も新築マンションがどんどん建設されていっています。

東京でも、都心でももちろんですし、少し郊外でも建設されていっています。東京以外でも大阪や名古屋といった都市地区から、広島や福岡、横浜といったような人気の地域でも、様々な都市部で新築マンションが建てられていっています。

そんな新築マンションにおいて、人気の地域が二子玉川と言われています。
二子玉川は、生活をしていく上での利便性が非常に高いという事から、人気が高い地域になっています。

しかしながら、そういった人気の地域では、値引きをしなくても販売がしやすいといった事などから、新築マンションの値引きについては、あまりされてはいないようです。

新築マンションを値引きして安く購入したいと考えているのであれば、地域も対象に入れておくようにしましょう。

また、最近の不況といった世の中では皆がマンション購入を控えるようになりますから、値引き交渉もしやすくなります。

そういった地域や情勢なども考慮に入れて、交渉に出て行く事で、新築マンションを賢く購入できるようになるといえます。

Next Entry : ベネッセ食材宅配のレシピ献立や口コミ/比較/ランキング/benesse
Previous Entry : フラワーギフト送料無料/誕生日/記念日/母の日プリザーブドフラワー