布おむつ作り方/たたみ方やカバー&紙おむつと布オムツのおすすめ

布おむつついて

最近ではやはり健康志向であったりエコ志向といった事もあってか、布おむつが人気を集めてきています。ここでは布おむつについて、その使い方や洗い方などから色々なポイントから激安情報まで幅広くお届けしていきます。

布おむつが人気となったのは、やはり口コミからじわじわと人気が出てきて、使う人が増加していったという傾向が見られるようです。

最近では、おむつにはどちらかというと紙おむつを使っているという方が多いのではないかと思いますが、実際どちらが良いかと言うとそれぞれにメリットやデメリットがあるため、一概には言えません。

布おむつの特徴としては、洗濯をしなければいけないので、その点においてはなかなか骨が折れるかもしれませんが、一度用意さえすれば基本的にはおむつを新たに買う手間などもなく、費用を抑える事ができます。

また、一部色々なところで言われているのが、布オムツのほうが、おむつを早く外せるようになるといった事もよく聞かれます。

布おむつの使い方について

では、布オムツはどう扱っていけばいいのでしょうか。
その布おむつですが、まずは布オムツとオムツカバーを用意します。

布オムツの折り方については色々ありますので、何度か使っていくうちに、自分で一番やりやすく良さそうなのを見つけていくのがいいのではないでしょうか。

そして使い方としては、以下の通りです。

オムツカバーの上にオムツを敷き、そこを赤ちゃんに当てます。
また、布オムツを使うには、それと同時に浸け置き用のバケツであったり手袋といったものもできればおいておくようにしましょう。

さらには、布オムツの上にライナーなどを敷いておく事によって、大のほうの処理などもしやすいと言えます。

布おむつの洗い方と洗濯の方法について

布おむつが、紙おむつと大きく違うところが、この洗濯をしなければいけないという点だと言えます。

布おむつの洗濯する方法としては、別に1つ決まった方法というのがあるわけではなく色々方法としてはありますが。口コミなどで調べる限りは重曹を使って洗っているという方が多いようです。

大き目の蓋が付いたバケツ、もしくはゴミ箱などに重曹水を作り、その中に浸け置きします。大のほうの場合には、全てをキレイに流し終えてから浸け置きしてください。

それらが溜まったところで、洗濯機を使って洗っていきましょう。
店などには布オムツ用の洗剤なども販売されています。重曹であれば残りにくいですし、漂白効果もあるのでおすすめです。
さらには重曹のほうが費用も抑える事ができますので良いですね。

自分で布おむつを作る方法・作り方とそのたたみ方

布おむつというのは、購入するのが一般的かもしれませんが、実は自分で作ることもできるのです。もちろん簡単に作る事ができます。

作り方としては、まずはおむつ用の生地を用意するのですが、だいたい140僂曚匹△譴弌△むつを1つ作る事ができます。
手縫いでも構いませんし、もちろんミシンを使って時間短縮を図ればより簡単に短時間で作る事ができます。

布おむつのたたみ方としては、まずは長いほうを縦とします。
そして縦を三つ折にしてから、そこを次に横に折ります。文章だけで説明もなかなか伝わりにくいかもしれませんが、畳み方などもこうしなければいけないといった事もないですから、自分に合った最適な方法を見つけていきましょう。

布おむつ通販とレンタルについて

とはいえ、やはり手作りはなんとなく不安だし、きちんとしたものを買いたい。という方も多いかと思います。
実際に布おむつを買うという方は多いですし、最近では楽天やYahoo!といった大手の通販を使って買う事ができるようになりました。

もちろん、ネットの通販でも販売されるようになってきたこともあって、激安や格安の布オムツも販売されていますし、色々なバリエーションも出てきています。

さらには、おむつカバーなどについても、様々な柄のものが作られていたりと魅力的な商品が揃っているショップもあります。

通販などではなく、最近ではおむつのレンタルといったサービスもあるようですが、やはり直接肌に触れて使うものになりますのでレンタルサービスなどではなく、通販などで購入して使うほうをおすすめします。

Next Entry : 気になる結婚相談所・クラブオーツーの評判&口コミをチェック
Previous Entry : 24時間風呂の価格/電気代/問題やジャノメ/コロナなど激安メーカー比較